エレクトーンの豆知識記事一覧

エレクトーンの中でも人気なのがステージアやヤマハですね。これから始めてみようと考えている場合には、レンタルするか教室に通って練習するか。もしくは購入して自宅で練習するかという選択があります。もちろん上達を目指すのであれば購入したほうがいいのですが、気になるのが価格ですよね。エレクトーンは楽器の中でもかなり高価な部類に入ります。とはいえ鍵盤楽器の中ではグランドピアノやアップライトピアノに比べると安い...

家にエレクトーンを置きたいと言った場合には床の補強などをした場合がいい可能性があります。そもそもエレクトーンの重さというのは約80キロくらいから100キロを超える場合があるからです。例えば脚の部分にクッション性があるものを敷いたり、とりあえず簡単に補強するのであれば新聞紙などで代用しておくのもいいでしょう。ただでさえ重い楽器なので無理に動かしたりすると床面に傷がつく場合があるので注意が必要といえま...

エレクトーンを日々練習しているのであれば、いつかはみんなの目の前で思いっきり演奏してみたいと思いますよね。もし発表会などに参加する機会があるのであれば、失敗を恐れずに参加してみるのがいいでしょう。そのときに重要なのが選曲となります。自分の技術に合った曲を選ばないと、まったく実力が出せずに終わってしまいます。もちろん「この曲が弾きたい」という考えがあるのであれば、発表会に向けて練習すればいいです。自...

エレクトーンを大切に扱っているのであれば、演奏していないときにも汚れないような配慮が必要です。その方法としてカバーをしっかりと取り付けておくこと。非常に簡単なことですが、やってないだけでホコリがたまったりといいことはありません。本体以外にもイスとセットになったカバーも販売されています。スポーツでも同じですが、道具を大切にしない人は上達しないっていいますよね。同じことでエレクトーンを大切に、いつも綺...

新しいエレクトーンを購入したいってときには、どのメーカーにするか迷ってしまいますよね。わたしは昔からずっとヤマハを愛用していましたが、友達がずっとステージアを使ってます。どちらのほうがいいかって言われると結局は演奏する人の好みによって分かれるので何ともいえません。しかし、わたしのおすすめとしてはヤマハかステージアのどちらかにしておけばいいのかなと思いますね。もちろん値段も高いモデルが多いけど、その...

素足でエレクトーンを演奏するっていう方もいるかもしれませんが、ほとんどの方はシューズを履いて練習すると思います。ではどういう基準で選ぶのがよいのでしょうか?まずは男女共通してることがヒールの高さは2cmほどある靴がよいです。男性の場合でも・・です。ヒールがあるとベースが踏みやすく、かかとに負担が少ないからですね。シューズの裏面はゴムやシリコンなどの吸収性が高い素材のものを選びましょう。ゴムでもシリ...

昔から人気があるエレクトーンといえばヤマハですね。ステージアと並ぶ、2大メーカーとして有名でしかもレッスン教室も開校してるなど、非常に力を入れています。子供向けから大人向けなど、さまざまなニーズに合わせた機種があり用途によって選びやすいといった特徴があります。値段は比較的高いシリーズが多いですが、「エレクトーンを買うならヤマハ」と、おすすめできます。中古もたくさんありますし、これから始めてみようと...

ピアノやエレクトーンを人前で演奏するのであれば、やっぱり髪型というのはとても大切です。もちろん衣装や靴などもしっかりと選ばないといけませんが、顔や髪型というのはとても目立つので、しっかりと整えておく必要があります。髪型は後ろで縛る、もしくはアップにして縛って演奏するときに髪が邪魔にならないようにしておくことが重要。決してきれいに美容院などで仕上げる必要はありませんが、鍵盤や顔に髪がかからないように...

宇宙戦艦ヤマトの曲はとても感動するBGMですよね。主題歌もかっこよくカラオケなんかで歌う方も多いと思います。そんなヤマトをエレクトーンで演奏してる少女の動画がすごく感動したので紹介します。素晴らしい!の一言なんだけど、ヤマト世代のおじさんにとっては懐かしくてたまらない曲ですよね。天才少女にふさわしい演奏です。きっと将来は有名になるんでしょう。

楽器を演奏するときに自宅などでは、騒音対策としてヘッドホンを使用する人が多いと思います。エレクトーンにももちろん使用できるヘッドホンがあるので、家電ショップなどで探してみるのがいいのですが・・。必ずあなたが持ってるエレクトーンで使用できるモデルなのか確認しておくことが重要です。購入してから「これ使えないや・・」なんてなってしまったらもったいないですからね。通販などの購入者レビューだけで選ぶのではな...

小さいころからずっとエレクトーンをやっていれば、いずれは先生になりたいとか、プロを目指すといった人もいるでしょう。でも、エレクトーンのみで食べていくには並大抵の努力では難しいものです。練習に練習を重ねて、やっと始めてプロとして認められるわけで。休んでる暇なんてありません。毎日かかさず練習をする必要があります。ときには諦めてしまうこともあるかもしれない。でも、先生になるほどの人って心からエレクトーン...

子供が演奏することがなくなったとか、引っ越しするときに邪魔になってしまう。などの理由でエレクトーンを捨てたいと思ったときにはどうすればいいか?方法は2つあって楽器店で売れるか調べてみる(査定してもらう)ゴミとして処分する基本的には上記のどちらかになりますが、まだ査定などをしてもらってないのであれば買取店で一度出張査定をしてもらったほうがいいでしょう。もしかして売れる可能性があるわけですから、捨てて...