エレクトーンのカバー

エレクトーンを大切に扱っているのであれば、演奏していないときにも汚れないような配慮が必要です。

 

その方法としてカバーをしっかりと取り付けておくこと。非常に簡単なことですが、やってないだけでホコリがたまったりといいことはありません。

 

本体以外にもイスとセットになったカバーも販売されています。スポーツでも同じですが、道具を大切にしない人は上達しないっていいますよね。

 

同じことでエレクトーンを大切に、いつも綺麗に扱うというのはなぜだか上達する秘訣なんですよね。

 

というか、プロだったりエレクトーンの先生の多くはしっかりと手入れを怠りません。

 

ですので、もしあなたも上手になりたいのであれば、ちゃんとカバーを取り付けて汚さないように気を付けておきましょう。